FTI
FTIトップ > アマチュア無線 > 鉄塔保守工事 > 鉄塔保守工事パーツ
鉄塔保守工事パーツ
FT-M/1 保守工事用パーツ 


高質潤滑オイル・オイル挿し・高質グリス(USA製)
ワイヤーブラシ・ジンクススプレー
価格 \5,700円(税抜・送料込み)ヤマト便代引

弊社クランクアップ・タワーをご利用の方が1年に2度程度の
保守作業を怠ることなく継続して作業いただくことで半永久
的にご利用頂けます。
保守作業は中断することなくお続けください。

パーツリスト
(1)ジンクスプレー : 1本
(2)高質潤滑オイル : 1本
(3)オイル挿し : 1個
(4)高質グリス(USA製) : 1パック
(5)ワイヤーブラシ : 1本
<使用方法>
(1)ジンクススプレー
鉄塔本体のサビ及びキズ等に亜鉛メッキを補充します、サビをワイヤーブラシ等で  落とし布で清掃後、スプレー缶をよく振り完全に内容液が混ざり合うまで行ってください。  散布する事により部分的な化学変化により亜鉛メッキが施されます。

(2)高質循環オイル
 オイル挿しにオイルを移し、電動ドラム及び鉄塔本体に装置されているワイヤーに  オイルを塗ります。鉄塔内側のワイヤーは手が入りませんので、あらかじめ鉄塔を  最下位までクランクダウンさせ、必ずFDC-78Sの電源SWをOFFにしてタワーの上部に  登り、オイル挿しによりワイヤーにオイルを垂らします。オイルは雨だれのようにワイヤーに  沿って鉄塔下部に向かって流れます。その際、あらかじめ新聞紙等を基礎部のコンクリート  の上に敷き、養生しておけば流れ落ちたオイルの処理が容易です。

(4)高質グリス
 USA製のグリスは耐久性に優れ、雨等にさらされても劣化しにくいグリスです。  メンテナンス部分はモータードライブ正面のワイヤーガイドの上下のボルトのネジヤマに  十分塗って下さい。正面左側のウォームギアの駆動チェーンにはカバーを取り外し  まんべんなくクリスを追加してください。  なお、タワーのスライドする接触部には、構造をよく確認し、無駄のないようにグリスを  追加してください。
 各プーリー部分はプーリーを挟む鉄板部分のすき間にグリスを塗ることをお薦めします。
 注意:CRC等の潤滑油はプーリー内部のベアリングのグリスが流れ出る可能性が  ありますので、この箇所には適しません。

引き下げワイヤー用スプリング養生キャップ
バランス用スプリングは性質上亜鉛メッキを施すには問題が有りペイント仕上げになっております。 タワーの内側ですのでメンテナンスが行き届かなくサビ等の問題が発生致します巻き下げワイヤー用スプリングですので強い張力は掛かりませんがスプレイペイント等養生後キャップをスプリングに被す事により効果がより増しますのでお試し下さい。 FT-M/1メンテナンスキットには含まれます、が本品のみご希望の方には 税抜・送料込 ヤマト便代引き\1.400 にてお届け致します。