TEL 0426-51-4783
FAX 0426-51-8474

LUSO 28NS 更新

                     
    
    

上海より海上輸送されたLUSO28NSは横浜大黒ふ頭
   にて通関後 特殊ホークリフトにて コンテナより引き出し作業
   
    
    

本体10M以上の為 大型トレイラーにて搬送 FTIタワープールに一時保
  管 荷下ろし作業には25トン以上のクレーン車要必要

 
搬入路が狭く大型クレーン車等侵入不可能のため、台車にて搬入。
 デリッキタワーを背後に建てウインチにて引き起こす工法。
軽量化にするため、重量約2トンの左右のバランサーを取り外して立ち上げる。
 
 
タワー基礎部と本体下部をシンチ機構に改造した事により、
建て上げ工事の際安全性と効率を高める事ができる。
 FDX/HDX のクランクアップタワーシリーズでは、
すでにこのシンチ構造は標準装備されている。
 
 
右側のデリッキ用タワーにより引き起こされ後。
左右に約1トンずつのバランサーを鉄塔上部に取り付ける。
デリッキ・ウインチ・ジンポール等の道具を使いタワー上部の
左右のワイヤーにバランサーを吊り下げて完了となる。





クレーン車等重機を使わず重量の有る長い物体を
建て上げる工法は、古代ギリシャ時代から、また
日本でも古くは文化財クラスの神社仏閣でも
行われて来ましたが、この工法は危険性が高く
熟練した作業員のチームと余裕の有る道具類を用いる事を必要と致します。