TEL 0426-51-4783
FAX 0426-51-8474

FDX-421 JPM FTIオリジナル鉄塔「Telescopic Tower」 
 <現在人気No.1 !

日本の風土に合わせ耐久性の向上及びメンテナンスの軽減を追求設計し、鉄塔本体はJIS規格STK490,SS400同等のA513,A36の鋼管及び棒鋼を使用し、電動ウインチはワイヤー通過穴を除き防滴構造に設計致しました.


 
   

    
   

電動ウインチはFTI独自の設計で、巻き上げるワイヤーが電動BOX内に入る穴が1点あるのみで 雨水等の侵入がきわめて少ない設計のうえ、動作時の騒音がきわめて少なく なを電動ウインチは全体をBOXに納められきわめて安全設計です.鉄塔に子供が上れない為の防護ネットも取り付き安心ですし防犯用にも効果があります.

   

日本の風土に適した設計の電動ウインチ・オプションのFDC-88Sを付ける事により、デジタルにて10Cm単位にて地上高を直読できます.モーターは日立製作所 400W AC-100V(AC200V変更可)使用し騒音も無く耐久性に優れています.


FDX-421JPM タワーの鉄塔構造は肉厚のパイプを使用し材質はJST規格に準じ、各セクションのパイプの柱と柱の間隔を狭め強度を確保している特殊な溶接技術により誤差をきわめて少なく保ち製作されています.パイプ・ブレスを含む全て亜鉛溶融メッキにて処理しています.
自立鉄塔に比べ保守が問題にされておりましたが、大幅に改善されています.


タワーの最高地上高は21m メインマストのTOPは25m以上を確保出来き、鉄塔の最低地上高約7mまで縮められますが、下部リミツトSWの設置位置の移動により、鉄塔に搭載されたアンテナが屋根の直前で停止できるよう容易にセット可能です.


基礎アンカーの構成は従来のフランジ型でなく、垂直に立った強化リブ板により接合され、スルムな構造により限られた狭い場所にでも建設可能です.
上記写真は、車1台分の駐車場の裏の普段使用しない階段部分に基礎工事を施しFDX-421JPMを建設した例ですが、以前のように駐車スペースを残しタワーを建設をした例です.

鉄塔には75/80mのDPと7Mhz2エレ、14Mhz〜50Mhz対応の3素子の八木アンテナを搭載した例です.地上高は約16Mの位置で停止しております.Telescopic Towerですので地上高の高さの設定によりアンテナの打ち上げ角度を変えての運用が可能です.

図面

上記、図面をクリックすると詳細図面を表示します.
各寸法は予告なく変更されます。