TEL 0426-51-4783
FAX 0426-51-8474                                        

 ケミカルアンカー基礎工事 続き
     ケミカルアンカーを用いた基礎工事の紹介です。

      
 
アンカーボルトの挿入

ケミカルアンプルを孔に入れ、その上からアンカーボルトを低回転で一気にねじ込む。ボルトとコンクリート間に攪拌されたケミカル材の固まる時間は早く、回転を止めるタイミングは熟練した技術を要する。必要以上に回転を続けると接着強度が落ちてしまう。
タワーベースの高さ調整

フランジの上下をナットで挟み、タワーが垂直になるようにおおまかな調整を行っておく。

タワーの垂直出し


タワーの一段目を取り付けたらアンテナベースのナットを調整して垂直出しを行う。ビニールパイプに水を通した連通管を使用。




タワー、一段目の設置完了

ここまで済めば後は通常の作業と同じ。

仕上げ


最後にコンクリートを充填して仕上げ。コンクリート基礎埋め込み工事と見分けは付かない。
 詳細はCQ ham radio 2000年9月号(P228から)に掲載されています。                                   
  
  
 
 
 
  
 前ページに